ダイニチ工業 和泉物流センターが新潟市南区に完成

製品の保管台数は旧建屋に比べて1・6倍に

和泉物流センター

ファンヒーターメーカーのダイニチ工業株式会社(新潟市南区)は31日、同市市南区に建設していた「和泉物流センター」(6月下旬稼働)を完成させ、報道陣に公開した。

今回新築したのは物流センターの第一倉庫(2階建。延べ床面積約1万6200平方メートル)と、管理棟(2階建で約1600平方メートル)。総投資額は約27億円で、全額を自己資金でまかなった。建設は福田組が担当した。

従来は配送センターという名称で倉庫として利用していたが、平屋建てで製品を山積みにして保管しており、人手による作業に頼っていたなど、非効率な面が多かった。また建設から39年が経過し、老朽化も進んで大規模な改修が必要だったことから、新設を決めた。

新築により第一倉庫は、延べ床面積で2倍以上。管理棟も300平方メートルほど広くなった。新倉庫では、フォークリフトとパレットを使い、省人化を図る。製品の保管台数は旧建屋に比べて1・6倍を見込む。これまで本社工場で担ってきた部品の保管や修理対応、お客様窓口なども和泉物流センターに移管する。本社工場の空いたスペースは、生産ラインのレイアウト変更などをして、さらなる生産体制強化に充てたい考えだ。

和泉物流センター内部

玉串奉奠。写真は吉井久夫代表取締役社長

神酒拝戴

神事の終了後に行われた直会の席で挨拶する吉井久夫代表取締役社長

直会 乾杯