イオン新潟西店で、来春入学する子供を対象にしたランドセルの予約会が開催中

9日までで。約260種類のランドセルが自由に試着可能

新潟市西区小新南のイオン新潟西店(1階催事場)で「ランドセル2020 早期ご予約会」が開催中だ。来春入学する子供向けの予約会で、即決せずに何度も見てからじっくり決めたいというニーズに応えて開催している。イオンのブランド「かるすぽシリーズ」や、ナショナルブランドのランドセル約260種類が並んでいて、全て自由に試着ができる。予約会は明日(9日)までだが、その後も店内でランドセルは販売していくという。

8日には、予約会の会場となっている催事場で、かるすぽシリーズの説明会が行われた。それによると、同シリーズは「負荷軽減」「大容量」「強度」「安全」などの特長があるという。

例えば、子供の体への負荷を軽減するため、人間工学に基づいた独自の「3点背あて」を搭載。これにより荷物の荷重を分散することができるため、重い荷物も軽く感じるという。

また小マチ部分を3~8cmの範囲で自在に伸び縮みさせることができるため、大マチ+小マチで最大20・5cmまで拡大させることができる。このため「2020年新学習指導要領」で、仮に荷物が増えてもそのまま使うことができる。さらに、肩ベルトに9穴あるほか、背カン(肩ベルトとランドセル本体をつなぐパーツ)を、成長する子供の肩幅にあわせて広げることができる。このため、子供が成長して体が大きくなって使うことができる。

このほか、
・前後方向からの圧力から型くずれを防ぐ「パワフルガード」
・車や自転車のライトが当たると光る「反射材」
・ワンタッチでロックがかかる「ワンタッチツイスト錠前」
・GPSと音声を利用した見守りサービス「みもり」(オプションサービス)
などもある。

素材は高通気性素材。日本製で、6年保証付き。

説明会の様子。

大マチ+小マチで最大20・5cmまで拡大させることができる。

会場にはイオンのブランド「かるすぽシリーズ」や、ナショナルブランドのランドセル約260種類が並んでいる。

背カン(肩ベルトとランドセル本体をつなぐパーツ)を、成長する子供の肩幅にあわせて広げることができる。