7月に新潟市で「はじめての資産運用講座」と題したセミナー

主催は日本証券業協会で共催は金融庁など

「老後に2000万円が必要」という金融庁の報告書をきっかけに、資産運用セミナーが活況を呈しているという。そんななか、7月27日、新潟市中央区のコープシティ花園で、投資未経験者や初心者向けの「はじめての資産運用講座」と題したセミナーが開催される。

主催は日本証券業協会で、共催は金融庁、全国銀行協会、日本取引所グループなど。午前(10時から12時10分)と午後(13時30分から15時40分)の1日コース。午前の「株式・債券編」では、株式投資・債券投資の基礎知識などを学び、午後の「投資信託・NISA・iDeCo編」では、投資信託のしくみ・選び方、資産形成支援制度(NISA、iDeCo=個人型確定拠出年金)の活用などについて学ぶ。

定員100名、参加無料。申込は下記サイトから。
http://www.e-104.net/

チラシ