新潟のブランド「百年物語」の商品約30点が期間限定で新潟空港で展示販売

新作の「百年物語」2019年モデルも登場

新潟空港2階にある「アカシア」

新潟空港2階にある売店「アカシア」の入口付近で、新潟県のブランド「百年物語」商品の展示販売が期間限定で行われている。百年物語の新潟空港での販売は初めての試みで、7月31日まで。

新作の「百年物語」2019年モデル「Paper Made Shoehorn(紙製の靴べら)」のほか、県内5社の商品約30点を展示販売している。

百年物語は、(公財)にいがた産業創造機構(NICO)と、新潟県内の企業などが協働で進めているブランドプロジェクト。2003年に立ち上げて以来、毎年コレクションを発表し、グッドデザイン賞やアジアデザイン大賞を受賞する作品もある。また県内では百貨店、新潟駅西口ぽんしゅ館クラフトマンシップなどで販売している。

安達紙器工業株式会社(長岡市)の「Paper Made Shoehoen(紙製の靴べら)」

プリンス工業株式会社の「缶切り」「ワインオープナー」など

株式会社マルト長谷川工作所(三条市)の「爪切り」など

株式会社石山木工所(加茂市)の「アクセサリーケース」

ストーリオ株式会社(小千谷市)の「名刺入れ」