新潟運輸株式会社が電気小型トラックを導入

北陸地方初

新潟運輸株式会社(新潟市中央区)で29日、電気小型トラックの納車式が行われた。

導入された電気小型トラックは、三菱ふそうトラック・バス株式会社(神奈川県)が2017年に発表した「eCanter」で、北陸地方初となる。最大積載量4125キログラムのトラックは、200ボルトの普通電源から11時間の充電で約100キロメートルの走行が可能。2台のうち、1台は東京都内、もう1台は新潟市内のルート配送に使われる。

新潟運輸はこれまで環境に配慮した取り組みとして、二酸化炭素や窒素酸化物の排出量が少ないCNG (圧縮天然ガス)車やハイブリット車を導入してきたが、排気ガスの一切出ない電気トラックに注目。より環境にやさしいほか、振動がなくドライバーの負担が軽減されることから、若いドライバーの採用や定着率の向上に繋げたいと考える。

eCanterは日本や米国、欧州で販売され、国内では44台目となる。騒音や環境問題、ドライバーの負担軽減の観点から、今後より一層の普及が見込まれる。

(左)三菱ふそうトラック・バス株式会社の林春樹副社長 (右)新潟運輸株式会社の坂井操代表取締役社長

電気小型トラック「eCanter」