新潟県新発田市の川崎商会が本社屋を移転

9月から業務を始める川崎商会の新本店

新発田市中央町から同市中曽根町内に移転

頭に残るテレビCMで新潟県民に馴染みのある株式会社川崎商会が9月2日、本社を新発田市中央町3丁目から移転する。新住所は新潟県新発田市中曽根町1丁目9番20号で国道7号線沿いとなる。

同社は1949年に、出光興産全国第一号の販売店としてスタート。県下一円に店舗ネットワークを広げ、新潟のカーライフをサポートし、新潟県で約20店の出光のガソリンスタンドを展開。ガソリンスタンド以外にも、石油製品の卸販売、車検・整備、レンタカー、保険販売を行っている。

また、環境保護を目的に村上市の瀬波海岸清掃を行うなど、地域の環境保全への貢献にも積極的に取り組んできた。2016年には確定拠出年金を導入するなど、従業員の福利厚生向上も進めている。

同社は創業者が岩船郡岩船町八日市(現村上市八日市)で創業後、新発田市に本店を移転。1990年に新発田市中央町の川崎ビルに本店を移転していたが、老朽化が進んでいた。新たなオフィスでさらなる業績拡大と従業員満足度向上が期待されそうだ。

一方、県内のガソリンスタンド業界では、宮島石油販売株式会社が8月5日付で、本社を新発田市城北町から新潟市北区新潟市北区西名目所5508番10に移転している。

【関連記事】
宮島石油販売が本社を新発田市から新潟市北区に移転(2019年8月9日)
https://www.niikei.jp/20625/

川崎商会の旧本店