エースコックが、ご当地ラーメン「うまさぎっしり新潟シリーズ」をリニューアル発売

パッケージに新潟開港150周年のロゴマーク

エースコック株式会社(大阪府吹田市)は16日、上・中・下越それぞれのご当地ラーメンを再現した「うまさぎっしり新潟シリーズ」をリニューアル発売する。希望小売価格は193円(税別)。新潟を中心とした、スーパー、コンビニエンスストアなどで販売する。

エースコックのプレスリリースによると、「うまさぎっしり新潟」シリーズは、麺に使う小麦粉使用量の10%を新潟県産米粉に置き換え、スープにも米粉を使用している。また売り上げの一部をトキ保護基金に寄付しているという。「うんめぇ 三条カレーラーメン」、「妙高とん汁ラーメン」、「新潟麻婆麺」がある。

今回、三条カレーラーメンと、妙高とん汁ラーメンにポークの旨みを増す改良を加えたほか、新潟麻婆麺は、花椒と豆板醤の辛味を利かせ、より本格的な麻婆スープに進化させた。またパッケージに、新潟開港150周年のロゴマークを入れた。

官民でつくる「新潟開港150周年記念事業実行委員会」では、「みんなでつくる、みなとまち新潟スタート!」を合言葉に、企業や市民団体とのコラボレーションによる新たな価値を生み出す仕組みづくりに取り組んでいる。エースコックは、この取り組みの趣旨に賛同し、150周年を記念してリニューアルした。

「うまさぎっしり新潟」シリーズ