日本のワクチン無償提供に対し台湾の有志が募金で制作した「感謝メッセージ動画」を万代シテイバスセンター(新潟市中央区)で放映


万代シテイバスセンター(新潟市中央区)で23日から、台湾有志によるメッセージ動画が放映されている。

このメッセージは、今夏、日本政府から台湾へ新型コロナウイルスワクチンが無償提供されたことに対し、「感謝の気持ちを1人でも多くの日本人に伝えたい」という台湾国民の動きがあり、クラウドファウンディングで資金を募り制作、完成したものだ。

クラウドファウンディングは2週間足らずで目標金額に達成した。動画では個人から提供されたメッセージ写真と、台湾をもっと知ってもらうためにと台湾観光局、台湾観光協会提供の風景写真を合わせて掲示している。

また、動画とともに「今はまだ自由に行き来ができませんが、一日も早く今まで以上の日台交流、日台友好ができる日を期待します。また、より多くの場所で『感謝の想い』を知っていただきたいと別途制作したポスター、動画が、1ヶ所でも多く掲示・放映され、台湾人による感謝のメッセージが1人でも多くの日本の方々に届くことを願っております。謝謝!」とコメントが寄せられている。

動画はバスセンタービルのエスカレーターに乗ると見ることができる

台湾~新潟間では2017年より定期航空路線が開設しており、新潟空港のハンドリング業務を新潟交通のグループ企業が執り行っている。

そういった縁もあり、同グループの広告代理店、株式会社新交企画(新潟市中央区)は今回、台湾側の趣旨に賛同。新潟交通万代シテイバスセンターに同社が所有するサイネージ媒体で動画放映を開始した。さらに同社では、新潟県内で感謝メッセージポスターを配布する業務も無償で担っている。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も