新潟プロレスが11・24村上大会〜何度でも“夢”積み上げて【村上新聞】

大会PRのため村上市を訪れたシマ重野選手(新潟プロレス代表)

旗揚げから8周年を迎えた新潟プロレス(シマ重野代表)が11月24日(日)、村上市民ふれあいセンターを会場に、3年連続3度目となる「村上大会」を開催する。
“新潟に夢と元気を積み上げよう”と発足した同団体は2017年10月14日、村上市内で22年ぶりにゴング鳴らし、興行は大成功。往年のスター選手らも招聘し、訪れた観客にプロレスの楽しさ、熱さ、醍醐味を余すことなく届けた。

3度目となる今大会には、新潟無差別級初代王者・シマ重野選手をはじめ、禅僧サイボーグことビッグ・THE・良寛選手、新潟無差別級現王者、前田誠選手ら新潟プロレスのレスラーのほか、今回も極道鬼・グレート小鹿選手(新潟プロレス顧問、大日本プロレス会長、新潟プロレスタッグ王座/wシマ重野)=77歳での王座戴冠は国内最高齢記録=、孤高の侍・越中詩郎選手らも駆け付け、選手層や顔ぶれ、タイトルの行方など、見どころの多い大会の構図だ。

村上新聞社を訪れたシマ重野選手は「大会実行委員や村上のみなさんの思いとご協力で3年目の大会が実現し、とても感謝している。最高に盛り上がる一日にするので、たくさんの方のご来場をお待ちしています」と力強く語っていた。

オープンは午後3時半、スタートは4時。前売券は最前列、特別リングサイドが5千円、リングサイド4千円、自由席3千円で、当日券はそれぞれ500円増し。小中学生は前売券、当日券ともに1千円。チケットの販売は、新潟プロレスオンラインショップ、デッキー401トップトラベル新潟、村上プラザインフォーメーション、村上新聞社などで取り扱い。問い合わせは、新潟プロレス事務局025(288)5255へ。

村上新聞2019年9月29日号

村上新聞