新潟県阿賀野市役所の衆院選期日前投票において、投票用紙の残数不足が発生


阿賀野市役所

新潟県選挙管理委員会は27日、阿賀野市役所の期日前投票において、投票用紙の残数不足が発生したことを発表した。

阿賀野市選挙管理委員会の期日前投票所において27日13時ころ、投票所職員の交換時に残票数を確認したところ、小選挙区の投票用紙の残数が1枚足りないことが判明した。なお、12時30分ころに残票数を確認した際には不足数は生じていなかった。

前述の12時30分から13時ころの間に、小選挙区を棄権する意思表示をした有権者はいないことや、残数不足判明直後に投票所内を捜索したものの、投票用紙を見つけられなかったことから、この間に投票した有権者1人に小選挙区の投票用紙を2枚交付した可能性があるという。

県選挙管理委員会では、阿賀野市の選挙管理委員会へ事情を聞くとともに、再発防止に向けて周知徹底を申し入れた。また、県内市区町村選挙管理委員会に対して、投票用紙の残数不足の発生を知らせ、今後の投票事務に万全を尽くし、誤りを生じないよう全投票所に徹底することを通知した。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も