「農家バンドフェス」がTwitter上で開催、新潟からは柿農家兼フォトグラファーの男性が参加


「野外活動」演奏風景の空撮

Twitter上で31日に、全国の農業関係者が音楽映像を発表する「農家バンドフェス」が開催される。新潟からは、柿農家兼フォトグラファーで、Podcast上での番組配信も行っているあっき〜氏が参加する。

今年4月に「農家バンド」NOGIOがTwitter上にリモート演奏動画を公開。再生回数は10月29日時点で13万回を超え、各種メディアでも取り上げられるなど盛り上がりを見せた。

今回の「農家バンドフェス」はその流れを汲むイベント。プロ・アマチュアを問わず全国の農業関係者が140秒の音楽映像を制作し、Twitter上で「#農家バンドフェス」のハッシュタグを合言葉に、一斉に動画を公開する。現時点で参加を予定するグループは10組ほどだが、当日にも「飛び入り参加があるかもしれない」という。

「野外活動」演奏風景の空撮

新潟から参加を表明しているあっき〜氏は、新潟市内の「こしわおけさ柿」生産者。農家を営むかたわら、プロフォトグラファーやPodcast配信者の顔も持つ。今回は、茨城県でレンコン生産にも携わるフォトグラファー3人とともに、バンド「野外活動」を結成した。

あっき〜氏は、今回発表する楽曲で「やりたいことへの一歩が踏み出せない人を勇気づけたい」と話す。「農家を継いだ当時、祖父母から『農業に専念してほしい』と言われ、フォトグラファーとしての活動を諦めそうなっていた。そのころ、バンドメンバーが配信していたカメラ系のPodcast番組で相談し、アドバイスに救われて再起できた。その想いを楽曲に込めた」。

ミュージックビデオは、新潟市西蒲区内のあっき〜氏の柿園地を舞台に撮影。演奏はもちろん、農家ならではの風景や、プロのフォトグラファーによる映像にも期待したい。「ギターを担ぐのは大学生のころ以来だが、(演奏に関して)アマチュアならではのところも、むしろ楽しんでもらえたら」(あっき〜氏)

 

 

【関連リンク】
「農家バンドフェス」 公式

あっき〜氏 note(「野外活動」のコンセプトにつながるエピソードをまとめた記事)

Podcast番組「ウチら夫婦のぐだぐだな話」

 

【関連記事】
新潟の農家でも広がりを見せている「農系ポッドキャスト」(2021年1月26日)

 

(文・鈴木琢真)



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も