市立吉田中学校(新潟県燕市)で女子生徒が死亡した事案について会見、自宅からはいじめに関する遺書


左から、吉田中学校の齋藤哲也校長、市教育委員会の山田公一教育長、鈴木華奈子主幹

燕市教育委員会は10日に記者会見を開き、市立吉田中学校(新潟県燕市)において9日に女子生徒が校内で死亡した事案について説明した。当該生徒の自宅からは遺書が見つかり、「いじめられていた」との記載があったという。

吉田中学校で9日7時25分、生徒が教頭へ「人が落ちてきた」ことを伝え、教頭が現場へ向かい確認したところ、女子生徒が倒れ、口から出血しているのが発見された。救急車が到着後、新潟大学病院(新潟市中央区)へ搬送され心肺停止状態だったが、8時37分に死亡が確認された。

9日夕方、同校の齋藤哲也校長が家庭を訪問したところ、保護者から「(自宅から)遺書がみつかり、『いじめられていた』との記載があった」という話を聞いたという。一方で、学校が行っていたアンケートや教育相談では(アンケートは直近では11月に実施)、当該生徒からいじめや人間関係に関する相談は受けておらず、担任の教員からも生徒の様子に異常は見られなかったという。

教育委員会では今後、市が常設している、いじめ防止対策等専門委員会(第三者委員会)を開き、調査を実施するとともに、再発防止策を講じていくという。

吉田中学校では、10日まで臨時休校の措置をとっているが、同日19時から、中学校保護者を対象に臨時保護者会を開催。また、県にスクールソーシャルワーカーなどの派遣を依頼し、市担当者とともに11日からカウンセリングを行うとともに、スクールカウンセラーなどによる相談室を設ける。

会見の様子



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も