株式会社福田組(新潟市中央区)が東京証券取引所の新市場区分で「プライム市場」を選択


福田組

株式会社福田組(新潟市中央区)は10日、7月9日付で東京証券取引所より、新市場区分における上場維持基準への適合状況に関する一時判定結果の通知を受領し、新市場区分「プライム市場」の上場維持基準に適合していることを確認したと発表した。

この結果に基づき同社は10日開催の取締役会で、新市場区分「プライム市場」を選択することを決議した。

東証の新市場区分をめぐっては、現在の1部、2部、マザーズ、ジャスダックの4つの市場区分を廃止し、来年4月からグローバル展開する大企業向けの「プライム」、中堅企業向けの「スタンダード」、新興企業向けの「グロース」の3市場に再編する方針である。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も