村上市が県LPガス協会村上支部と火災予防の連携協定を締結


住宅用火災警報器の設置など呼び掛け

 住宅からの出火防止と住宅火災による被害軽減を目的に、村上市は10日、県LPガス協会村上支部(高橋和支部長)と、「火災予防啓発の連携に関する協定」を結んだ。

 住宅用火災警報器の設置や維持管理などを呼び掛けるもので、支部単位では佐渡に次いで2例目。同市役所で行われた締結式には、高橋邦芳市長と高橋支部長らが出席し、協定書に調印。高橋支部長は「住民の安心安全のため、協力して取り組んでいきたい」と話していた。

村上新聞2021年11月21日号

 

村上新聞



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も