食の国際総合見本市「フードメッセinにいがた2019」が6日開幕

6日の開会に向けて準備の進む会場(5日午後撮影)

本州日本海側最大の食の国際総合見本市「フードメッセinにいがた2019」が6日に新潟市中央区の朱鷺メッセで開会する。国内外から、およそ460事業者が出展。会期中、1万1000名(前回1万369)名の来場者を目標に掲げている。8日まで。

また、会期中、全国の6次産業化に事業者が出展する「第6回にいがた6次化フェア2019」、「第5回新潟食の輸出商談会2019」が同時開催されるほか、各種セミナー、イベントも行われる。

フードメッセinにいがた2019:http://foodmesse.jp/

【関連記事】
食の国際見本市「フードメッセinにいがた2018」が開幕(2018年11月7日)
https://www.niikei.jp/4613/
フードメッセinにいがた2018のみどころ(2018年11月8日)
https://www.niikei.jp/4617/