山長ハム(加茂市)が佐藤食肉(阿賀野市)のプロデュースで新商品「なまら」ハムを完成

新商品の「なまらハム」

フードメッセでお披露目&試食

ブランド牛「あがの姫牛(ひめうし)」やブランド豚「純白のビアンカ」などを生産・販売する株式会社佐藤食肉(阿賀野市)は今年5月、加茂市にある山長食品工業株式会社をM&Aで事業を継承し、社名を株式会社山長ハムに変更。その山長ハムは、佐藤食肉プロデュースで、新商品「なまらハム」を完成させた。6日から8日まで新潟市中央区の朱鷺メッセで開催される「フードメッセinにいがた」でお披露目する。会期中、来場者に試食をしてもらい、多くの人から意見や感想を聞きたいという。

なまらハムに使用している原料肉には、佐藤食肉が2年前にブランディングした「純白のビアンカ」を使用。また、新潟の人々に愛される商品にしたいという願いを込めて、「すごい」という意味の新潟の方言「なまら」を商品名に使用している。

【関連記事】
佐藤食肉、あがの姫牛「2周年記念パーティー」を開催(2018年6月13日)
https://www.niikei.jp/3575/

新潟県阿賀野市の佐藤食肉の本社工場が竣工(2019年3月30日)
https://www.niikei.jp/14051/

原料肉には、佐藤食肉が2年前にブランディングした「純白のビアンカ」を使用している