一貫管理で借り手と貸し手に“安心”を提供するヒロセの賃貸(新潟市)


ヒロセの賃貸 新潟店

新潟市で住まいを、もしくは収益物件を探しているなら、賃貸管理を行うヒロセの賃貸に足を運んでみては。管理戸数は2394戸、入居率は97.28%(2019年10月31日時点)。大学近くにある学生向けから間取りの広い家族向け、ペット可など市内の幅広い物件を取り揃える地場企業だ。

だが、同社の最大の特徴は総合建設業、株式会社廣瀬(新潟市西区)のグループ企業であること。つまり、物件の建築から管理までひとつのグループ内で一貫してサポートできるという強みがある。

ヒロセの賃貸は2017年に廣瀬の不動産部門から分社化して誕生したため、グループ企業で建てられた物件を取り扱うことが多い。グループで一貫管理することによる利点はさまざま。ひとつ例を挙げると、建設中の賃貸物件にも内部見学が行える。通常、施工中の物件を内見することはできないが、ヒロセの賃貸では、ハウスメーカーのようにグループ企業が先に一つの部屋をモデルルームとして仕上げ、中の様子を見られるようにしている。

「ヒロセの賃貸」新潟店の阿部健太店長

一貫管理は家主にとってもメリットは大きい。建物の内容がわかっている直営のスタッフが常駐しているため、修繕が必要になった場合など建物に関する相談に素早く対応できる。また、同社には2つの管理プランがある。ひとつは、入居者募集から集金、メンテナンス、苦情対応など、オーナーの負担となる諸々の管理業務を代行する基本管理プラン。(管理料は収入家賃の5%)もうひとつは同社がオーナーから賃貸物件を一括で借上げ、貸主としての一切の管理業務を代行する一括借上げプランたとえ空室があっても毎月定額の賃料を支払うので、安心した賃貸経営が行える。(借上利率は最大で85%)。

家主にとってうれしいことに、同社が管理を委託された建物は入居者が見つかるまでのスピードが早く、入居率も高い。一般的な業者の場合、手数料を得るために建物の空室情報を自社で囲い込むが、管理業務を行う同社は入居率を特に重視しており、提携不動産業者に情報を公開している。全国ネットワークのハウスメイトFCにも加盟しており、県外から新潟へ来る学生や転勤者ももれなく集客できる。実際、同社が管理する建物への入居者の約8割は他の業者の仲介によるものだ。

ヒロセは他にも新築やリフォーム提案なども行い賃貸物件のトータルサポートを行っている。不動産に関連したグループの総合力を生かすことで、借り手と貸し手の双方に安心感と満足感を生み出している。

【ヒロセの賃貸 新潟店】
新潟市中央区堀之内50-1
電話/025-248-5800

毎月16日の契約開始で、その月の家賃、換代が無料、さらにクオカード3000円分がもらえるキャンペーンを実施している