4月にロッテアライリゾート(新潟県妙高市)を起点にスーパーカーのラリー大会が開催

ロッテアライリゾート

上越妙高モータースポーツ実行委員会は、4月26日に妙高市両善寺のロッテアライリゾートを起点にスーパーカーなどのラリーツーリング大会「スーパーカーラリーチャレンジ2020」を開催する。今回から初心者向けのクラスを新設した。参加費は1台2名3万円から。申し込み順に60台で締め切る。

同プロジェクトは今年で3年目。コースはロッテアライリゾートを起点に妙高市の道の駅あらいを通過。上越市大潟区の鵜の浜温泉で折り返し、ロッテアライリゾートがゴールとなる。道路交通法に則って行われ、ポイント通過ごとにスタンプを押すシステム。

フェラーリやポルシェ、ランボルギーニなどのスーパーカーの所有者が2人1組で、助手席の人が地図を持ち、車を使ったオリエンテーリングを行う。

ビンテージスポーツクラス(1930年~1982年式)20台、スーパーカークラス(1983年~2020年式)20台、および、新設した初心者クラスのグランツーリングクラス(制限なし)20台の計60台を募集する。参加費は1台2名6万円、グランツリーリングクラスは1台2名3万円。締め切りは4月13日まで。

東京や関西からの参加が見込まれており、主催する団体、NASC代表の中島聡尚さんは「大会はボランティアに支えられている。参加者は県外から多く来るので、地域振興につながればうれしい」と話している。

県外からの参加者も多くいることから地域振興につながることも期待されている