デンカ株式会社が、千葉工場敷地内に使用済みポリスチレン樹脂のケミカルリサイクルプラントを建設、廃プラスチックの再資源化による脱炭素・循環型社会の構築を目指す


ケミカルリサイクル循環モデル図

デンカ株式会社(東京都)と持分法適用関連会社である東洋スチレン株式会社(東京都)は、使用済みポリスチレン(PS)樹脂のケミカルリサイクルプラントをデンカ千葉工場(千葉県市原市)敷地内に建設することを決めた。年間処理能力は約3,000トンで、2023年度下期に稼働を開始する予定。投資金額は約38億円を見込んでいる。

ケミカルリサイクルは、マテリアルリサイクルと異なり再利用用途に制限がなく何度でも再生できるほか、ポリスチレンはほかのプラスチックと比較して、ポリマーから中間化学品であるモノマーに熱分解しやすいというスチレン系樹脂ならではの特長を最大限活かすことができる手法という。

東洋スチレンでは今後、世界で初めて使用済みポリスチレンからスチレンモノマーに変換するケミカルリサイクルプラントを事業化した米国Agilyx(アジリックス)社との技術ライセンス契約に基づき、ケミカルリサイクルプラントを建設し、ユーザーからのポストインダストリアル材の回収事業を開始する。

またSDGs未来都市である千葉県市原市が取り組む「市原発サーキュラーエコノミーの創造」において、市民・企業・行政が一体となったプラットフォームへの参加を予定している。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も