北海道上川町がスノーピーク、上川大雪酒造と包括連携協定を締結

「アウトドア」「日本酒」を切り口に観光事業の拡充など推進

左から株式会社スノーピーク代表取締役社長の山井太氏、上川町長の佐藤芳治氏、上川大雪酒造株式会社代表取締役社長の塚原敏夫氏

北海道上川町は、株式会社スノーピーク(三条市)、上川大雪酒造株式会社(上川町)と「観光振興および地域活性化に関する包括連携協定」を締結した。3日に協定締結式を行った。

多くの地方都市と同様に、人口約3700人の上川町でも人口減少や観光客減少が課題となっている。そうしたなか、日本最大の山岳公園「大雪山国立公園」と、それを軸足にした産業の価値をさらに高めるため、スノーピーク、上川大雪酒造と手を結ぶことにした。2社とタッグを組むことで、「アウトドア」および「日本酒」を切り口に、観光事業の拡充や商品づくりなど、地域のブランド化を推し進めていくという。

具体的には

(1) 魅力ある観光地づくり及び地域活性化に関すること

(2) 山岳リゾート地としての認知度向上及びブランド化、交流人口並びに関係人口の増加に関すること

(3) 大雪山をはじめとする自然環境の保全及び活用等に関すること

(4) 商品づくりや販路の開拓、人材の確保育成に関すること

(5) 移住者の増加やローカルベンチャー創出に関すること

(6) その他観光振興や地域活性化に関すること

で連携していく。

上川町は北海道のほぼ中央に広がる「大雪山国立公園」の北方部に位置し、大雪山連峰と、北海道第一の河川「石狩川」の清流にも恵まれた町。大雪山系の一つ「黒岳」への登山口には、北海道有数の温泉街である「層雲峡温泉」があり、大雪高原温泉の秋の紅葉は「日本一早い紅葉」が見られる。主な観光施設は、層雲峡温泉・大雪山黒岳スキー場・大雪 森のガーデン・アイスパビリオン・層雲峡オートキャンプ場・大雪山写真ミュージアムなど。冬には広大な雪原を利用したスノーアクティビティも楽しめるという。

上川大雪酒造は、日本酒の製造を休止していた三重県の酒造会社を移転する形で、2016年に設立された。上川町でレストラン「フラテッロ・ディ・ミクニ」を経営する三國プランニングの代表・塚原 敏夫氏の発案という。上川地方を中心とした道産の酒造好適米を使用した純米酒「神川(かみかわ)」を醸造している。