新型コロナ感染者が出たことを受け、新潟市が対策会議


新潟市は29日、新潟市内で新型コロナウイルスの感染者が同日に出たことを受け、市の関係部署の責任者や新潟市内の各区長らを集め、第1回新潟市新型コロナウイルス感染症本部会議を開催した。

会議は冒頭のみ公開で行われた。新潟市長の中原八一氏は冒頭、「政府は全国的な取り組みを進め、本市でも市立学校などの休業を決定している中、市内でも新型コロナの感染者が出たことを受け、対策本部を本日立ち上げたところです。市民の皆様は冷静に、過剰になり過ぎずご対応いただきたいと思います。市内での更なる感染拡大を防ぐため、最大限の対応を図ってまいりたい」と話し、新潟市民に冷静な対応を呼び掛けた。

会議後に記者団の取材に応じた中原氏によれば、「本市でも感染者が1例発生したことで、深刻に危機的に受け止めています。行動歴を保健所に早期に辿るように指示を出しました」と話した。今後、新型コロナウイルスに感染した男性の行動歴が明らかとなり、市で分析した上で市民にも影響が及ぶことがあれば、早期に提供される見通しだ。

新潟市では29日、都内在住で60歳代無職の男性が同市に帰省中、新型コロナウイルスに感染していることがわかった。男性の行動歴や濃厚接触者などについては現在、市で調査中を進めている段階だ。

第1回新潟市新型コロナウイルス感染症本部会議