新潟大学が卒業式中止に伴う卒業生支援企画の実施を発表


新潟大学は16日、令和元年度卒業式の中止に伴い、卒業生への支援企画を打ち出した。新潟大学では元々、23日に朱鷺メッセで令和元年度卒業式を開催予定であったが、新型コロナウイルス感染拡大の懸念から、総合的な判断として中止を決定。一部の学部等ごとでの学位記授与を行うこととしていた。

今回打ち出した支援企画は、学長メッセージ動画の配信や卒業記念オリジナルフォトフレームARアプリの無料提供で、いずれも23日午前10時に公開となっている。

学長メッセージ動画は、本来式典で行われる学長告辞を、キャンパス風景や行事の写真を織り交ぜ、PV風にまとめたメッセージ動画として、新潟大学ウェブサイトやYouTubeで一般公開するというもの(学部等での学位記授与会場では式典でないことから放映せず)。

ARアプリは、各学位記授与会場やキャンパス外でも限られた友人や家族と撮影ができ、SNSで多くの人と思い出を楽しくシェアできるよう、大学の風景やアカデミックガウンなどをモチーフにしたスマートフォン撮影用のオリジナルフォトフレーム。AR技術を用いたアプリとして無料提供される。

また、卒業式会場では例年、卒業式の看板を前に記念撮影が行われるのが恒例であった。そこで、今年は各学部等で行われる学位記授与会場で、「祝・卒業」という記念撮影ができる看板をキャンパス内各所に設置し、長い行列ができないよう配慮しつつ、卒業ムードを盛り上げる取り組みが行われるという。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから