新規出店16店。イオンモール新潟南(新潟市)がリニューアルオープン


イオンモール株式会社は19日、イオンモール新潟南をリニューアルオープンした。アパレルショップ、大人向けセレクトショップ、カジュアルブランドなどを含め、新規に16店舗(このうち新潟県初出店3、甲信越リア初出店7)がオープンしたほか、25店舗が刷新した。

また、施設面で海外からの来店客にも対応できるよう、英語、中国語、韓国語にも対応したタッチパネル式のデジタルサイネージを導入、ショップ、トイレ、コインロッカーなどを案内する。さらに、モール北側の遊歩道をLED照明でライトアップしたほか、3階に、クッション材の床を使用し裸足で遊べるキッズスペースを新設した。

キッズスペース

新潟県内に初出店の「WHO’S TEA(フーズ ティ)」。店内で粉から手作りする無添加の台湾製生タピオカを使用し、タピオカの製造過程を店頭で楽しめる

甲信越エリア初出店の「THREEPPY(スリーピー)」。生活を彩るアイテムを取り揃えるプチプライス雑貨専門店だ。

新潟県初出店となる、カプセルトイ専門店ガチャガチャの森

このほか、キッズのデイリーユーズなカジュアルブランド「RODEO CROWNS WIDE BOWL(ロデオ クラウンズ ワイド ボウル)」や、ワコール発の下着セレクトショップ「ランジェノエル」などが甲信越エリアに初出店している。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから