胎内市電気工事事業者有志が中止となった「たいない桜まつり」をライトアップ


桜とともに出店やステージパフォーマンスなどを楽しんでもらう「たいない桜まつり」は今年、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため中止となった。そんななか、胎内市電気工事事業者有志が、ライトアップを行うこととなった。

場所は、総合グラウンド野球場周辺で、イルミネーションを含め、約200メートルをライトアップし、胎内の桜名所を楽しんでもらう。期間は3月25日から4月15日までで、午後5時半から午後10時までライトアップする(点灯式は行わない)。

また、期間中、幅1メートル×長さ3メートルの横断幕を設置し、思いのたけを自由に書いてもらう取り組みも行う予定だ(天候によっては設置しない時もある)。

報道資料より



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから