村上市議選候補者演説をウェブ配信〜いわふねJC【村上新聞】


齋藤雄一理事長が候補者役となり収録前に機材等の確認を行った

一般社団法人いわふね青年会議所(JC)=齋藤雄一理事長=はこのほど、4月12日(日)告示、19日(日)投開票の「村上市議会議員選挙」立候補者による演説をインターネット配信する。

これは地域の政治的関心を高め、また、より身近に感じることで有権者の投票行動を活性化していこうという事業。基礎自治体における議員選挙候補者を対象とした演説配信は、国内青年会議所組織等でも前例のない初の取り組みとなる。

演説収録はすでに完了しており、持ち時間の5分を使い、候補者がそれぞれの政策ビジョンや立候補した動機、公約、自己紹介などについて熱弁を振るう。

いわふねJCでは収録前に機材や模擬的に撮影した映像などを使って、動画の仕上がりを入念に確認。昨年度は、新潟県議会議員選挙候補者による“ネット討論会”のライブ配信なども手掛けた経験などをもとに配信スタート直前まで準備に勤しむという。

2年続けて配信事業を担当している小田永義事務局長は「忙しいスケジュールの中でも収録に時間を割いてくれた候補者のみなさんに感謝している。この配信をきっかけに有権者はもちろん、まだ選挙権を持たない子どもたちも地域の政治や市議会に興味を持ってくれたら」、齋藤雄一理事長は「新型コロナウイルス警戒の影響で、慣例よりも候補者の声が有権者に届きにくい状況。配信事業がどこまで成果をあげられるかわからないが、たくさんの有権者、様々な年齢層が興味関心を持つことで、地域の政治観や政治姿勢が少しでも良い方向へ向かってほしい」と話している。

配信スタートは4月13日(月)。動画は立候補届出順に編集されYouTubeにアップロードされるほか、いわふねJCホームページ、同フェイスブック公式ページ(候補者ごとに個別)で閲覧が可能。問い合わせは、いわふねJC事務局TEL0254(53)4257へ。

いわふね青年会議所HP

いわふね青年会議所Facebookページ

村上新聞2020年3月29日号

村上新聞



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから