新潟市のきのしたが、破産手続開始決定


新潟市の株式会社きのした(新潟市中央区新和1-10-46、資本金10万円)が10日、新潟地裁より破産手続開始決定を受けた。

東京商工リサーチ新潟支店によると、負債総額は5,961万円。同社は1994年に創業、2006年に法人化された新聞販売店で、一時は新潟市内に3拠点を展開。過去の売上は2億円以上あったという。

近隣住人や事業所等を顧客として地域密着の営業を行っていたが、ネットニュースの普及等により、新聞需要は減少。売上は落ち込み、資金繰りは厳しい状態にあった。

業績回復の見通しも立たず、約1年前には購読契約を他社に委譲し事業を停止。その後清算手続を進める中で、破産手続開始に至った。

破産管財人には、石山正彦弁護士(新潟みなと法律事務所、電話025-225-7220)が選任されている。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから