国交省北陸地方整備局が「新潟駅周辺整備(交通ターミナル)事業計画」を策定


国土交通省北陸地方整備局 報道資料より

国土交通省と新潟市は、新潟駅周辺整備(交通ターミナル)について、今年1月に策定された「新潟駅周辺交通結節機能強化基本方針」を踏まえ、事業計画の検討を進めてきたが、このたび、「新潟駅周辺整備(交通ターミナル)事業計画をまとめた。

中・長距離バスの乗降場については、新潟駅周辺に点在しているバス乗降場を集約し、新たな交通結節点として多様なモビリティと連携したバスターミナルを整備。それにあわせ、子育て支援施設や中長距離バス利用者のニーズに対応した施設を整備する。

また、中・長距離バスターミナルにおいて、災害時における帰宅困難者の一時避難所や情報発信拠点として活用可能な防災機能を有する空間を確保する。

2022年度ごろまでに交通広場が完成し、24年度ごろに中・長距離バスターミナルが完成する予定。

なお事業計画は、 新潟国道事務所のホームページ(PDF)でみることができる。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから