株式会社Gugenka(新潟市中央区)がNTTのAIアバターに技術協力


AIアバターのイメージ

株式会社Gugenka(新潟市中央区)は18日、日本電信電話株式会社(NTT、東京都千代田区)のVR空間プラットフォーム「DOOR™」のバーチャルサロンにて、NTTが提供するAIアバターに技術協力したと発表した。同アバターは、AIによりルーム内にあるコンテンツを自動応答で説明する。今回をベータ版として、今後もさらなるサービス品質の向上や新たな付加価値の提供を目指すという。

「NTT DOOR バーチャルサロン」は、DOOR™の「NTT TOWN」内にあるルームの1つ。NTTの取り組みや、DOOR™において提供しているサービスなどの展示を利用できるバーチャル空間となる。

今回は、このDOORバーチャルサロンにおいて、AIアバターを活用した自動受付応対が開始。

同アバターは、NTT研究所技術をベースにNTTグループが開発。コンテンツの説明などの情報提供に加え、音声情報、顔の表情や声の抑揚などといったノンバーバル情報も統合学習し、対話応答することが可能である。

Gugenkaは今回、音声情報や声の抑揚などを読み取ってアバターの表情が変化する「AI suite」実装面での技術協力のほか、AIアバターのキャラクターに、Gugenkaが提供するアバター制作ツール「MakeAvatar」の3Dモデルキャラクターを提供した。

「DOOR™」のバーチャルサロン



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も