市内40例目の勤務先はクラブノア、新潟市が利用者に注意喚起


野島晶子保健衛生部長

新潟市は18日、市内40例目患者(東区20歳代女性)が勤務していたキャバクラ「Club NOA」(クラブ ノア、中央区東大通1−7−1)を、4月7日から10日まで利用した人で、利用後2週間以内に、37.5度以上の熱が4日以上続き、強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)の症状が現れた人(高齢者や基礎疾患のある人は2日程度)は、帰国者・接触者センター(電話025—212—8194)に相談してほしいという呼びかけを公表した。

40例目の勤務先での濃厚接触者(40例目が接客した約20人)を完全に特定できないため、店名などの公表に踏み切った。

なお、ヴィーム新潟亀田店のスロットエリアを利用していた市内32例目(東区30歳代男性)も「Club NOA」に勤務していて、40例目は、32例目の濃厚接触者として捉えていた。また32例目は、4月7、8日に勤務していたが、濃厚接触者は全て捉えているという。

店は4月11日から休業している。

新潟市ホームページ
https://www.city.niigata.lg.jp/iryo/kenko/yobou_kansen/kansen/coronavirus-shisetsu.html



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから