新潟市西区の砂浜の様子


緊急事態宣言の発出を受け、新潟県などから不要不急の外出や、県域をまたぐ往来を控えるよう要請が出されてるなかでのゴールデンウィーク。新潟市の街中は、県外からの帰省客は姿もほとんどなく、閑散としている。また商業施設だけでなく、市内大型公園の駐車場なども閉鎖されており、これまでのゴールデンウィークで見たことのない閑散とした光景をあちらこちらで見かける。

3日夕方6時前、新潟市西区の小針浜海岸から1㎞弱西蒲区寄りの砂浜を訪れてみると、仲間とバーベキューをする人たちが2組、釣りを楽しむ人たちが数人ほど見受けられる程度だった(写真5枚)。また小針浜海水浴場の駐車場も閉鎖されるなど、こちらもいつものゴールデンウィークでは、お目にかかることのない光景が広がっていた。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから