新潟市内63例目の感染者は発症から1ヶ月以上経ってからの陽性確認


野島晶子保健衛生部長と高橋善樹保健所長

新潟市は19日、15日に確認された市内63例目の新型コロナ感染者(中央区在住の30才代女性会社員)の行動記録について説明した。

【4月1日〜10日】
今年4月1日に東京経由で三重県に日帰り出張した。その後、4月6日に倦怠感(4月8日まで)を呈し、10日には味覚や嗅覚が低下や鼻水など風邪の症状があったという(なお鼻水については陽性が確認された後に分かったという)。

【4月15日〜16日】
15日に三重県の出張先の関係者のコロナ感染が判明(ただ、その後、濃厚接触者にはカウントされなかった)。不安を感じたことから16日に新潟市と出張先の「帰国者・接触者センター」に相談、目立った症状がなかったことから自宅待機をお願いしたという。これを受け、同日から勤務形態をテレワークに切り替えた(これを機に、自宅からは全く出ていない)。

【5月11日】
時間が経過したにもかかわわらず、症状が改善しなかったことから、5月11日に再び新潟市の「帰国者・接触者センター」に相談。センターでは、出張が1ヶ月以上前のことで、感染の可能性が低いことから引き続き自宅待機を要請したという。また同日、AP医療機関を受診したが、レントゲン、血液検査で症状は確認されなかった。

【5月12日〜15日】
不安を拭えなかったため、翌12日に、別のAQ医療機関を受診。万が一という可能性を考えた医師が、新潟市の「帰国者・接触者センター」に相談し、14日にPCR検査を行なった。15日に陽性が確認された。

なお、63例目の人は現在、嗅覚や味覚は、ほぼ通常どおりに回復しているという。また、外出を自粛していたことから、濃厚接触者も4人(夫や会社同僚)と少なく、4人ともPCR検査の結果は陰性だった。

一方、4月6日の発症日から1ヶ月以上経てからの陽性確認となり、その間に人へ感染させたリスクも気になるところだが、新潟市保健所の高橋善樹所長は、JAMA(国際的な医学誌)が発表した調査結果(台湾の100人以上の陽性患者と2,761人の濃厚接触者を対象にした調査)を事例に、「感染は発症前と発症後の5日程度(以内)が最多で、症状が出てから6日以降はほとんど感染しなかったという報告がある。また、まだ議論があるところだが、最近、感染した前後が一番感染する力が高く、日が経つごと感染力は落ちてくることが分かってきた。本人もマスク着用するなど日常気をつけていた。市中感染につながったということは考えにくい」と説明していた。

また先述の通り、また本人は4月16日からテレワークを行なっていて、人との接触はなかった。「100%とは言いない」(野島晶子保健衛生部長)が、濃厚接触者が増えることはない見込みだ。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから