新潟県新発田市に3団体から基金に200万円の寄付


二階堂新発田市長と寄付した団体の代表者

新発田役所で1日、同市が創設した「しばたTomorrow基金」において寄付金の贈呈式が行われた。同日は、新発田市建設業協会の渡邊明紀会長、新発田管工事業協同組合の荒井英之代表理事、菖城電設協同組合の二瓶雄司理事長が出席した。寄付金は合計200万円で、まだ具体的には用途は決まっていないが、新型コロナウイルス感染症で苦境にある市民を支援するために役立てるという。

同基金はある市民から寄付金が寄せられたことを契機に市が創設したもので、これまで市民からの寄付があり、1日の贈呈式分を含めると合計で500万円が集まっている。

新発田市の二階堂馨市長は「新型コロナウイルスがマスコミで騒がれた時、これは大変なものだと皮膚感で危機感を持った。その時からコロナウイルスに負けてたまるかということを旗印に市民のみんなで立ち向かっていこうと決意をした。とはいえ、それを支えるものがないとだめなので、その意味では今回みなさんに背中を押してもらった。有効に活用して新型コロナウイルス対策をしっかりやっていきたい」と話した。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから