アルビレックスレーシングチーム(新潟県胎内市)、全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権に参戦


ダラーラ320

アルビレックスレーシングチーム(新潟県胎内市)は11日、ルッカ・アレン氏(アイルランド出身、17歳)と、入山翔氏(三重県出身、大学在学中、20歳)の2人のドライバーを起用、テクニカルディレクターに日本レース界の名伯楽、土沼広芳氏(新潟市出身)を迎え、2020年全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権に参戦すると発表した。

参戦車両は、ダラーラF320 Three Bondエンジン。

チーム代表(監督)は中村寿和氏(新潟市出身)、チーフエンジニアは櫻井充氏(胎内氏出身)、チーフメカニックは、川嶋諒氏(新潟市出身)。

全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権は、2020年より全日本F3選手権から名称が変更され、日本自動車連盟(JAF))が統括。ステップアップを目指す若者が運転テクニックを競い合うレース。 アルビレックスレーシングチームは、頂点である全日本スーパーフォーミュラ選手権へのステップアップを目指し、今年の全日本スーパー フォーミュラ・ライツ選手権を戦うという。

【2020年全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権レース日程】
Round1/2/3 ツインリンクもぎ(8月29日〜30日)
Round4/5 岡山国際サーキット(9月26日〜27日)
Round6/7/8 スポーツランドSUGO(10月17日〜18日)
Round9/10/11 オートポリス(11月14日〜15日)
Round12/13/14 鈴鹿サーキット(12月5日〜6日)
Round15/16/17 富士スピードウェイ(12月19日〜20日)



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから