【いわふねJC】新時代へのアイデアを形に〜未来設計コンペ【村上新聞】


アイデアや意見を具体的な形に昇華させようというコンペ運営を担当する舘島実行委員長


一般社団法人いわふね青年会議所(JC)=齋藤雄一理事長=は今月15日、「未来設計コンペティション」をスタートする。
新型コロナ禍が世界全体にもたらした社会的、経済的影響が、圏域の状況も瞬く間に変えてきたことを受け、いわふねJCでは、圏域にあるニーズの掘り起こしや、新時代に即したまちづくりの観点・手法を募り、具体化していく活動を企画。毎月15日を起点とし月毎にテーマを設定。11月15日までの間に計5回、広くアイデアや意見を募る。寄せられた声をいわふねJC役員・理事らが審査して優秀賞などを選定し、ホームページ上で公開。さらにウェブ投票を行い最優秀賞を決定。アイデアや意見は、いわふねJCらの活動に役立てるほか、関係各所への報告なども視野に入れている。
 
応募資格に規定はなし。応募はいわふねJCホームページ掲載の専用フォームから行う。15日からはじまる第1回目のテーマは「今後、自分たちが出来る事は何だと思いますか?」。緊急事態宣言が解除になり、少しずつ動き出したまちで、第2波、第3波が来た場合の対策なども含めて、現状について情報共有したり、必要なこと、できることを考える。

コンペ運営を担当する舘島英佑実行委員長は「寄せられる声はJCが事業構築に反映させたり、提言として関係各所へ届けるだけでなく、声自体が地域内にあるニーズの現れ。ニーズに対しては事業者等からサービスの提供も構築できるはず。ニーズに新しいサービスが事業化されるような地域内循環にも期待したい」と話している。

齋藤理事長は「様々なアイデアや意見をお預かりして、具体的な形となるように仕掛けていきたい。たくさんの方にご参加をお願いします」と呼びかけていた。
 問い合わせは、いわふね青年会議所事務局TEL0254(53)4257。

いわふね青年会議所HP

村上新聞2020年6月14日号

村上新聞



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから