新潟市のケーキ店「アリエールグー長潟店」で期間限定のかき氷の提供が始まる


「アリエールグー新潟大雪」

新潟市のケーキ店「アリエールグー長潟店」では、10月中旬までの期間限定のかき氷の提供が始まっている。12種類の手作りソースと、山梨県八ヶ岳の天然水で作ったきめ細かいかき氷が人気で、ピーク時には駐車場が満杯になり、車が渋滞するほど。地元テレビにも取り上げられ、“インスタ映えするかき氷”として人気を呼んでいる。

「アリエールグーオリジナル新潟初雪」(720円から)と生クリームが乗った「アリエールグーオリジナル新潟大雪」(820円から)があり、サイズやトッピングするソースの数によって価格が変わる。ソースは黒みつ、あずき、抹茶、きなこ、いちご、パイン、マンゴー、キウイ、カルピス、ミルク、チョコレート、キャラメルの12種類。氷については、今シーズンは暖冬で不作だったことから、1.5倍の仕入れ値になったという。

同店は新潟市内で数回場所を変えて21年間営業してきたが、4年前に現在の中央区の店を建設した。創業社長は脱サラし、ケーキ店に5年ほど修行した。現在の店はログハウス風の店舗やガーデンになっている玄関は洒落た雰囲気を醸し出している。イートインスペースが広く、外にもウッドデスクとベンチがあり、その場でかき氷やケーキを食べることができる。同店一番人気は「スフレチーズケーキムー」(200円税別)で、フランス菓子の一種のスフレタイプで、やわらかいのが特徴だ。

ログハウス風のおしゃれな外観

同店では「かき氷のソースは手作りで、販売しないのかと言われるほど人気がある。きめ細かいふわふわのかき氷が特徴。量が多いので、ご夫婦やカップルで食べる方が多いが、ファンの人は1人で来て食べる方もいる」と話している。

ケーキがズラリと並ぶ店内

イートインスペースも充実



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから