「なまらハム」がモンドセレクション2020金賞を受賞


新商品の「なまらハム」

ブランド牛「あがの姫牛(ひめうし)」やブランド豚「純白のビアンカ」などを生産・販売する株式会社佐藤食肉(新潟県阿賀野市)は25日、昨年5月に同社が山長食品工業株式会社(加茂市)をM&Aで事業継承し社名変更した株式会社山長ハムの「なまらハム」がモンドセレクション2020金賞を受賞したと発表した。

なまらハムは、佐藤食肉がブランディングしたプレムアムポーク「純白のビアンカ」を100%使用。商品名には新潟の人々に愛される商品にしたいという願いを込めて、「すごい」という意味の新潟の方言「なまら」を使用している。

一方、佐藤食肉の「豚ばらつるし焼豚」が4年連続でモンドセレクション最高金賞を受賞した。豚ばらつるし焼豚は安定したジューシーな美味しさと、女性でも食べやすいさっぱり感を両立することに成功した商品で、メインターゲットを女性に設定しているという。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから