新潟県三条市が創業塾「pontekia(ポンテキア)」第9期生の募集を開始


募集パンフレット

新潟県三条市は創業塾「pontekia(ポンテキア)」を8月19日から開講するのに合わせ、第9期生の募集を開始した。開講に先がけて、8月5日に説明会を開催する。

講座は、創業を目指す人を対象に、中小企業診断士や先輩創業者などによる実践的な講義で、新規開業に必要な経営の知識とノウハウを学べる。市によると、創業後の事業展開に役立つ異業種交流が活発であり、これまで201人が受講し、64人が創業した実績があるという。

また講座は国の創業支援事業計画に認定されている「特定創業支援事業」であるため、受講生が受講後に創業する際、日本政策金融公庫新規開業支援資金の貸付利率の引き下げや、法人として創業する際の登録免許税の減額などの特典を受けられることがあるという。

8月19日から12月16日の全9回で、三条ものづくり学校や三条信用金庫研修所などで行う。定員は20人で、受講料は3,000円。すでに創業している人も受講できる。説明会の申し込み締め切りは7月29日、講座受講申し込み締め切りは8月12日までとなる。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから