新潟トヨペット株式会社(新潟市中央区)が新潟県に苗木を贈呈。今年で45回目


左から佐藤純一氏、渡辺博英氏、寺内千穗氏、平山征夫氏

新潟トヨペット株式会社(新潟市中央区)は毎年、新潟トヨペットふれあいグリーンキャンペーンを行っていて、新潟県に緑化苗木が贈呈している。今年も11日午前、いくとぴあ食花 キラキラガーデン(新潟市中央区)で、新潟トヨペット株式会社の佐藤純一取締役会長が、新潟県の渡辺博英新潟地域振興局長に苗木400本(目録)を贈呈した。また、2020ミス・インターナショナル日本代表の寺内千穗氏が「緑の大使」として、緑豊かなふるさとづくりに向けた公益社団法人国土緑化推進機構の佐々木毅理事長の「緑のメッセージ」を披露し、メッセージプレートを公益社団法人にいがた緑の百年物語緑化推進委員会の平山征夫理事長に贈呈した。

佐藤純一氏が渡辺博英氏に苗木400本(目録)を贈呈

渡辺新潟地域振興局長は御礼のあいさつで、花角英世知事のメッセージを代読し、「ただいまいただきました苗木は秋に胎内市中村浜で地域の皆さんとともに植えさせていただく。県では県民共有の財産である豊かで多様な森林を次の世代に伝えるため、森づくりへの理解を深める活動や森づくり体験などの機会創出に取り組んでいる。このような取り組みを進めるうえで、このふれあいグリーンキャンペーンは県民の皆様に森林や緑の大切さを伝え、森づくりへの関心を高める大変重要な役割を果たしている。この活動のさらなる発展と、植えられた木々がすくすくと成長し県民の皆さまに末長く緑の潤いを届けてくれることを祈念している」などと述べていた。

渡辺博英氏

寺内千穗氏

トヨタ自動車株式会社と、全国のトヨペット店では毎年共同で、地域に根ざした社会貢献活動の一環として、毎年、都道府県などに苗木を寄贈している。新潟トヨペットでは昭和51年から毎年、緑化樹木の苗気を新潟県に贈呈する「新潟トヨペットふれあいグリーンキャンペーン」を行っていて今回で45回。前回までに累計9,778本の苗木が贈呈されていて、県内各地の学校や福祉施設、植樹祭などで植栽されている。

なお新潟トヨペットは、環境マネジメントシステム「エコアクション21」の全店認証や、森づくり活動などが評価され、平成28年に新潟県環境賞大賞を受賞している。

【関連サイト】
新潟トヨペット 社会貢献活動のページ
https://niigata.toyopet-dealer.jp/corporate/contribution

新潟県環境省のページ
https://www.pref.niigata.lg.jp/sec/kankyokikaku/1352844036989.html

寺内千穗氏から平山征夫氏にメッセージプレートを贈呈



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから