デンカ株式会社が新型コロナウイルスの簡易検査キットの国内薬事認証を申請


デンカ株式会社(東京都中央区)は20日、新型コロナウイルス感染症の簡易検査キットの体外診断薬としての国内薬事承認を独立行政法人医薬品医療機総合機構(PMDA)へ申請した。

この簡易検査キットでは、イムノクロマト法により新型コロナウイルス抗原を検出し、特別な検査機器を必要とせず、短時間で簡単に、陽性か陰性かを識別できる。デンカでは現在、最大で1日10万検査分の量産体制を構築し、国内薬事承認後には速やかに各医療機関へ供給されるように準備を進めているとのこと。

デンカはこれまで国立感染症研究機関とこのキットの開発に関する共同研究を進めており、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)への参画を通じて国立感染症研究機関から抗体と抗原の分与を受けるなど、関係官庁や公的機関、国内外の研究機関の協力と支援を仰ぎながら開発を進めていた。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから