新潟県柏崎市で新たに新型コロナウイルス感染患者3名を確認、県立高校の生徒など


中山均健康対策課長(写真右)

新潟県は3日、柏崎市内で県内116〜118例目となる新型コロナウイルス感染症患者3名が確認されたと発表した。いずれも富山県射水市で確認された患者の濃厚接触者(8月3日に陽性がわかった20歳代女性)で、3人には患者の両親と弟になる。3人とも7月25日から27日に姉が柏崎に戻っているときに接触。濃厚接触者として検査を実施し陽性がわかった。家族は他にもいるが陰性だった。

118例目は柏崎市在住の10歳代男性。県立柏崎工業高校の生徒で、3日の終業後に陽性がわかった。県内の高校生で陽性が確認されたのはは初めてとなる。部活をやっていたかどうかは現在調査中。同校は4日から7日まで臨時休校となる(8日からは夏休みとなる)。

他の2人は柏崎市内の40歳代男性会社員(116例目)と40歳代女性(117例目、医療機関関係者)。詳細な行動歴、濃厚接触者については現在調査中。3人とも無症状で、県の協力病院への入院に向けた調整を行なっている。

一方、県内では現在26人が入院している(3人は含まず)。また第1波と異なり患者には無症状の若年層が多いという。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから