村上市消防本部の消防士(20歳代男性)が酒気帯び運転で懲戒免職


新潟県村上市は21日、地方公務員法の規定に基づき、村上市消防本部の消防士(20歳代男性)を21日に懲戒免職にしたと発表した。

男性は8月9日午後11時30分過ぎ頃、自宅や飲食店、友人宅で飲酒した後に自家用車を運転し、国道7号を山形・鶴岡方面から走行してきて日本海東北自動車道・村上瀬波温泉インターチェンジ入口交差点において右折しようとしたところ、ガードレールに衝突する自損事故を起こした。

村上警察署が駆けつけて、呼気検査を行ったところ、基準を超えるアルコールが検出され、酒気帯び運転だったことが判明した。

職員の上司2人についても管理監督責任から訓告処分した。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから