事故物件住みます芸人・松原タニシ氏の新怪談イベントが来月弥彦で開催


9月21日、弥彦体育館(弥彦村)で、事故物件住みます芸人・松原タニシ氏と、怪談師ありがとうぁみ氏の2人が怪談を語る新感覚怪談イベント「今宵、怪談へ行く。」を開催する。18時半から20時(予定)まで。料金は3,000円(税込)。

会場内は人と人の間隔を取りソーシャルディスタンスを守った形で席としての「座布団」を配置。また語り手の芸人にライト一本当て、それ以外の照明は無く、会場内を真っ暗にして行うという。

松原タニシ氏は、2012年よりテレビ番組の企画で事故物件に住み始め「事故物件住みます芸人」として活動。これまで大阪、千葉、東京、沖縄など10軒の事故物件に住む。著書「事故物件怪談 恐い間取り」(二見書房刊)はシリーズ累計が20万部突破したほか、映画化され、8月28日より全国公開された。

ありがとうぁみ氏は、稲川淳二怪談冬フェス怪談最恐戦で優勝。「怪談最恐位 怪凰」の称号をもつ。

「最恐の芸人2人が背筋の凍る怪談、怖い話を語る。新感覚。かつ、新間隔なエンターテインメントの誕生を是非、弥彦にて体感してほしい」とイベント担当者は話していた。

【チケット購入】
ホクチケドットコム/http://hokurikuticket.com/
ローソンチケット(Lコード:33099)/https://l-tike.com/
チケットぴあ(Pコード:645—671)/https://t.pia.jp/
イープラス/https://eplus.jp/

今宵、怪談へ行くチラシ・ポスター



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから