新潟県上場企業経営者の会が「新潟IRフォーラム2018」を開催

県内の上場企業が一堂に会して個人投資家などにIR

新潟IRフォーラム2018

県内の上場企業38社で構成する新潟県上場企業経営者の会は11日、新潟市内で、来場者(個人投資家など)に事業計画などをプレゼンする「新潟IRフォーラム2018」を開催した。第2回目となる今回は22社が参加した。

IR(インベスターリレーションズ)といえば、機関投資家に向けて、一般には難しい財務概況などを説明する印象がある。一方、この日のイベントでは会場内にセミナールームが3部屋用意され、各企業が個人投資家などにIRセミナーを行った(昨年同様に比較的分かりやすい説明をしていたのが印象的だった)。また各企業がブースを出展し、来場者に自社の事業などをPRしていた。

新潟県には約9万の企業が存在し、株式を上場している企業は38社ある。

挨拶にたつ新潟県上場企業経営者の会発起人代表の山本善政氏(株式会社ハードオフコーポレーション代表取締役会長兼社長)

テープカット(左が山本善政氏、右が新潟県上場企業経営者の会共同発起人の一人でSMBC日興証券新潟支店長の池田修人氏)

各企業が個人投資家などにIRセミナーを行った