新潟県野球協議会理事長が花角英世知事へNPB球団誘致の要望を提出


新潟県の花角英世知事へ要望書を渡す新潟県野球協議会の高橋勇四郎理事長

新潟県野球協議会と新潟県ベースボールサポートクラブの関係者は31日、新潟県の花角英世知事へ、NPB球団の誘致と新潟市での「NIIGATA GLOBAL DOME(新潟グローバルドーム)」建設の要望書を提出した。

現在、新潟県野球協議会では、既存の12球団のいずれかの新潟県への誘致、もしくは自民党の日本経済再生本部がまとめた「日本再生ビジョン」で提言された「NPB16球団構想」に則った新球団の創設を目指している。またそれに伴い、老朽化した鳥屋野球場と小針球場に代わる新たな球場「NIIGATA GLOBAL DOME」を新潟市内に建設することも構想しており、この二点に関して、新潟県の花角知事へ協力を求める要望書を提出した。

新潟市中央区には屋外球場の「HARD OFF ECOスタジアム新潟」が存在しているが、野球協議会では、天候に左右されず日程を実施できる全天候型ドーム球場が必要だという。また、野球協議会の高橋勇四郎理事長は「ドーム型球場は野球の試合だけでなく、見本市やコンサートといった各種イベントの実施にも使用できる多目的ドームにして、新潟の活性化も行いたい」と話した。

野球協議会は、NPBプロ野球や大規模イベントを新設のドーム球場で行い、アルビレックスBCなどアマチュア野球などの各種大会を「HARD OFF ECOスタジアム新潟」で行うことで両者の使い分けの明確化や、新球場の必要性を強調していきたい考えだ。

新潟県野球協議会の高橋勇四郎理事長

野球協議会の高橋理事長は、要望書提出後の会見で「地元にNPB球団が存在することで、子供たちが“これからも新潟に住みたい”と思える大きな夢が必要」と語った。花角知事はっこの提案に対し、県に若者を留める魅力としても、観光資源としても「大変元気の出る話だ」と前向きな検討を進める意向を示した一方で、さらに具体的な計画を協議することを求めていたという。

【関連記事】
新潟市の鳥屋野潟近くにドーム球場を 野球関係者が新潟市の中原市長に要望(2019年8月28日)
https://www.niikei.jp/21535/



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから