新潟県阿賀野市の30歳代男性会社員が新型コロナウイルスに感染


説明する中山均健康対策課長

新潟県は16日、阿賀野市の30歳代男性会社員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内154例目の患者となる。不特定多数の人と接触する業種ではない。

13日に喉の痛みがあり、15日に150例目(新潟市98例目、新潟市中央区の40歳代男性)および151例目(新潟市99例目、新潟市中央区の50歳代男性会社員)の濃厚接触者として検体採取、16日PCR検査の結果、陽性がわかった。

10日に150、151、154例目の患者が一堂集まる会合があった。会合には7人が参加していたが、他の4人は陰性だった。

11日、12日に出勤し13日以降は自宅待機しているという。

一方、152例目(村上市の20歳代男性学生)の濃厚接触者5名のうち3名は16日のPCR検査で陰性がわかった。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから