新潟県燕市に、ボディビル入賞者が指導するフィットネスクラブ「TRANCE GYM」がオープン


燕市にオープンしたフィットネスクラブ「TRANCE GYM」

身体を変えることを目的とした筋トレ重視のジム

新潟県燕市に17日、フィットネスクラブ「TRANCE GYM」がオープンした。有酸素運動マシンよりも筋肉をつけることを重視したマシンを充実させ、ボディビルコンテスト上位入賞経験トレーナーのパーソナルトレーニングにより、利用者の「カラダを変える」ことを目標として掲げている。

利用料金は、都度利用が2,500円(税別)。営業日マシン使い放題の一般コースが月額8,800円(税別)。使い放題に加えて20分のセミパーソナルトレーニングのついたコースは3種類で、月4回までセミパーソナルトレーニングを受けられる「シルバー」は1万1,800円(税別)、月8回の「ゴールド」が1万4,800円(税別)、「ゴールド」と同条件にプロテイン8杯チケット・水素水飲み放題・オンライン食事指導・個室スタジオ貸出無料をつけた最上級コース「ブラック」が2万4,800円(税別)となっている。また、14万8,000円(税別)で、2ヶ月間の60分パーソナルトレーニングやボディメイクカウンセリングなどをつけるオプションも可能だ。

ジムの中は黒に統一された内観が特徴的

TRANCE GYMの飯野遼也代表取締役は「ジムに通っていながらも、身体が変わらない利用者をたくさん見てきた。自分だったら変えられる。そう考えて、自分のジムを開くことにした」と語る。TRANCE GYMのコンセプトは「上質な環境で妥協しないカラダ作り」。ジム利用者に明確な成果を提供するため、何よりもトレーニング環境にこだわったという。

一般的なフィットネスジムは、ランニングマシンやエアロバイクといったダイエット目的の有酸素運動マシンが多く設置されている。一方TRANCE GYMは、筋肉を作ることを目的とした、各部位を鍛えるマシンを中心に備え、有酸素運動マシンは必要最小限にしている。曖昧な目標を持ってダイエットをするのではなく、まずしっかりと筋肉をつけることで肉体改造を成し遂げていこう、というのがTRANCE GYMと飯野氏が目指すトレーニングなのである。

在籍するトレーナーは、飯野氏を含めて全員がボディビルコンテスト上位入賞者。さらに、筋骨格系スペシャリストの国家資格とJADP認定のダイエットインストラクターの資格を保有し、運動学や生物学の知識を自らの身体で実践しながら利用者へ指導を行っている。体調やこれまでの運動経験、そして目標をヒアリングし、正しい姿勢でのトレーニングの実践と、食事へのアドバイスという個人指導を重んじている。飯野氏は「様々なメニューを用意しているが、弊社の特徴でもあるパーソナルトレーニング付きのメニューをオススメしている。しっかり成果を出すためには、きちんとした専門家による指導が必要」と説く。

「TRANCE GYM」の飯野遼也代表取締役

TRANCE GYMが売りにしているのはトレーニング関連の設備だけではない。飯野氏が「ニューヨークブルックリンをイメージした」と語るTRANCE GYMは、外観から内装まで黒で統一され、入った瞬間にアロマの香りが広がる。「お客様がやる気を出し、また来たくなるお洒落な空間づくりにこだわった」(飯野氏)。また現在のコロナ禍を考え、各マシンには消毒用アルコールと使い捨てタオル常備しており、利用者の入場時にも検温や手指の消毒を欠かさないよう配慮しているという。

休憩スペース

 

柔道整復師や武道の経験を生かし、利用者が満足できるジムを

飯野氏は地元燕市の生まれ。幼少の頃から武道に触れ、空手歴19年、柔道歴2年の経歴のほか、ボディビルの上位入賞経験も持つ。県立吉田高校を卒業後、自らの経験を生かすため専門学校へ通い柔道整復師の資格を取得。東京の整骨院へ入社した。しかし働く内に、自分の会社を持つことに興味を持ったという。「当時は(会社という組織に所属して)上に従うだけで、自分が本当にやりたいことができなかった。自分が主役になって動くほうが楽しいし、自分にはお客様の満足がいくカラダづくりができると自信がある。それに、ずっと“会社のどこか”というポジションに留まりたくなかった」と飯野氏は語る。

マシンの実演をする飯野氏
お尻の筋肉を鍛えるマシンで、下半身の強化にオススメだという

Uターンして燕市にジムを開いた理由については「まず地元で起業したいという気持ちがあったことが一つ。新潟市や長岡市ではなく燕三条地域に開いた理由は、フィットネスジムが少ない空白地帯であったことが理由。吉田や巻、三条といった県央の広い地域から集客できるし、筋トレ好きの人は新潟市の方からでも来る。建物もかつてあったダイソーをリノベーションしたもので、出店しやすい環境であったこともある」と話す。

9月8日からのプレオープンでは来場者にコンセプトの説明や見学を行い、250人以上が参加した。中には新潟市の中心部や見附市から設備を見にきた参加者もいたという。現在の入会者は、男女ともに30代から50代の層が多い。飯野氏は「もっと若い、自分と同じ20代の人にもお客様を広げていきたい。特に、パウダールームやミストシャワーといった女性には嬉しい設備も設置したし、入りやすい雰囲気にも心がけている」とこれからの展開について語った。

 

【施設概要】
所在地/新潟県燕市杣木2658
営業時間/(火曜日〜土曜日)10:30−13:30、15:30−23:00
(日曜日) 10:30−13:30、15:30−20:00
定休日/月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
公式webサイト/https://www.trancegym.com/



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから