新潟県がカーボンゼロ実現のためオリジナルアプリ「にいがたゼロチャレ」をリリース


左から新潟県環境局覚張(がくはり)昌一環境政策課長、カーボンゼロ推進室エコライフ推進担当石山豊政策企画員

新潟県は2050年までに温室効果ガス排出量実質0を実現するために「カーボンゼロチャレンジ(ゼロチャレ)」を宣言しているが、9日、その一環として「にいがたゼロチャレ30」の認知度を高めるために、新潟県オリジナルアプリ「にいがたゼロチャレアプリ」の正式リリースを開始したと発表した。

「にいがたゼロチャレアプリ」は、「にいがたゼロチャレ30」と呼ばれる項目を実践する決意を示すとスタンプがアプリ内で1つ入手できるほか、新潟県内で実施する環境イベントに参加すると1会場につき1個のスタンプが入手できるという。スタンプを5つ貯めると、12月10日開催のお笑い芸人出演イベント「みんなで笑ってecoチャレンジ」というイベントに応募できる。

今回の「にいがたゼロチャレアプリ」の発表について、新潟県環境局の覚張(がくはり)昌一環境政策課長は、「このアプリをきっかけに親しみやすく、楽しみながら、新潟県が行っている取り組みを知ってほしい」と話していた。

「にいがたゼロチャレ30」の詳しい内容は、にいがたゼロチャレ30特設ページから。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も