岡三にいがた証券(新潟県長岡市)、日産証券から来年1月に事業の一部を譲り受け


岡三にいがた証券株式にいがた支店

岡三にいがた証券株式会社(新潟県長岡市)は9日、岡藤日産証券ホールディングス株式会社の子会社である日産証券株式会社(東京都中央区)との間で、日産証券が行う事業の一部を岡三にいがた証券が譲り受ける事業譲渡契約を締結したと発表した。事業譲受予定日は来年1月1日の予定。

譲り受ける事業は、日産証券が新潟県下で営業を行う、新潟、長岡、高田の3支店における第一種金融商品取引業(金融商品取引法第28条第8項に規定する有価証券関連業に限る)。顧客の口座・預り資産などは岡三証券の近隣店舗が引き継ぐ予定。岡三証券では、国内10社、海外1社の事業会社群により構成する岡三証券グループの強みを活かし、顧客の資産運用ニーズを満たすべく 提供サービスの拡充に努めていくという。

岡三にいがた証券は、地域証券として新潟県内13店舗を拠点に事業基盤を構築している。一方、日産証券は1948年に設立され、2006年にセンチュリー証券の営業の一部を承継したことに伴い新潟県内に事業基盤を構築し、国内外株式、投資信託などの営業に強みを発揮しているという。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから