北陸信越運輸局が貸切バス事業者に対し自動車使用停止処分


国交省北陸信越運輸局は、一般貸切旅客自動車運送事業者(貸切バス事業者)である株式会社新和旅行(新潟県阿賀野市)について、本社営業所の無認可移転の疑いがあったことから9月26日に新潟運輸支局が監査を実施したところ、道路運送法および関係法令に違反する事実が確認されたことから、事業用自動車の使用停止の処分を行った。処分日は、11月4日。

7両を使用停止とした。停止期間延べ295日で、1両については、11月12日から12月24日までの43日間、6両については、11月12日から12月23日までの42日間、使用停止となる。

主な違反内容は以下の通り。()内は根拠法令

・営業所、車庫の位置について、認可を受けずに変更していた。(道路運送法第15条)
・点呼の記録について、事実と異なる記録がなされていた。(道路運送法第27条)
・運行記録計の記録が、適切になされていなかった。(道路運送法第27条)
・運転者に対する指導監督について、その大部分が実施されていなかった。(道路運送法第27条)
・特別な運転者に対する適性診断が受診されていなかった。(道路運送法第27条)
・保有車両の3ヶ月定期点検整備が実施されていないものがあった。(道路運送法車両法第48条)
・運行管理者に対する指導監督が、実施されていなかった。(道路運送法第23条)



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから