宇野昌磨選手などトップスケーターの演技に熱視線、アイスショー「THE ICE2022新潟公演」の練習を新潟市内ジュニアスケーターたちが観覧


新潟市と、MGC三菱ガス化学アイスアリーナ(新潟市中央区)の指定管理者である株式会社新潟パティネレジャー(新潟市中央区)は27日、新潟市内のジュニアスケーターたちを対象に、アイスショー「THE ICE2022新潟公演」の練習観覧招待を行った。

26日から3日間の日程で開催しているアイスショー「THE ICE2022新潟公演」に合わせて行った練習観覧招待は、新潟市から世界で活躍するフィギュアスケート選手が輩出されることを願い、新潟市と新潟パティネレジャーが実施したもの。27日の練習観覧には、新潟市内のフィギュアスケートクラブ所属するジュニアスケーターとその保護者たち45人が参加した。

27日の練習観覧では、2018年平昌オリンピック銀メダル、2022北京オリンピック銅メダルを獲得した宇野昌磨選手や、2022北京オリンピックで銅メダルを獲得した坂本花織選手、2015年世界選手権2位の宮原知子選手などが練習を行った。観覧したジュニアスケーターたちは、トップスケーターたちの練習風景を見学し、選手たちが見せる世界レベルのスケーティングやジャンプなどの演技に拍手を送っていた。

練習観覧後には、坂本選手と宮原選手への質問コーナーが設けられた。ジュニアスケーターの選手からは、姿勢を安定させる方法や、ジャンプやルッツが上手くできるにはどうしたらいいかなどの技術的な質問があった。これに対し坂本選手は、具体的な方法を話しつつ、身振りを交えて答えた。

また、宮原選手はジュニアスケーターの選手たちに対し、「毎日辛い日とか楽しい日とかあると思いますが、小さいことでも達成できたことで自分を褒めて、毎日何か1つでも良かったと思うことを感じて過ごしてほしい」と激励した。

アイスショー「THE ICE2022新潟公演」は、28日までMGS三菱ガス化学アイスアリーナにて開催する。宇野昌磨選手のほか、2022年北京オリンピック金メダルを獲得したネイサン・チェンなど、国内外のトップスケーターが演技を披露する。

「THE ICE2022新潟公演」本番前に練習を行う宇野昌磨選手

新潟市内のジュニアスケーターたちが練習を観覧する様子

質問コーナーで質問に回答する坂本花織選手(左)と宮原知子選手(右)

【関連サイト】
THE ICE(ザ・アイス)公式サイト



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も